話し方教室「子供のコミュニケーション能力育成」

子供のコミュニケーション能力の育成

子供にとって生後18ヶ月頃から学ぶことは、その後の社会生活を営む上で極めて重要だと言われています。特に子供の情緒の発達のために、コミュニケーション能力育成は大切です。

そこで、子供のコミュニケーション能力育成について。
ポイントは三つです。

1.他人の気持ちを理解する能力育成

2.自分の気持ちを理解してもらう能力育成

3.他人との関わりの中で、問題を解決する能力育成

上記はいずれも、まずは家庭の中で会話を通じて育む能力です。

家庭でのコミュニケーション能力育成がなおざりに

しかしながら、現実には両親が忙しすぎたり、兄弟がいない(女性が生涯で産む子供の数は1.3人です!)のとで、家庭でのコミュニケーション能力育成が困難になってきています。

わけのわからない問題児が増えてきたのも、このあたりに原因がありそうだと私は思っています。

世のお父さん、お母さん、子供が小さい頃から意味のある会話をしてきていますか!

子供のコミュニケーション能力育成の責任は、本来、家庭にあることを忘れないで下さいね。

©話し方教室・あがり症克服・コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院東京