話し方教室「傾聴力の高め方」

「聞き上手」は、あまりにも少数派

あなたの周りに、聞き上手はいますか?

実際のところは、あまりいらっしゃらないのではないかと思います。
聞き上手になるには訓練が必要ですが、その訓練をしてきた方があまりにも少ないからです。

ぜひ、聞き上手、つまり、傾聴力ある人になりましょう。

傾聴力を高める訓練の仕方

その訓練の5つのポイントを述べてみましょう。

1.まず心構えとして、相手を「対等な人間として、その尊厳を大切にする」こと。相手を敬う気持ちが絶対必要です。

2.相手を否定せず、相手の気持ち、話をしっかり受け止めます。

3.話の腰を折ってはなりません。

4.求められない限りアドバイスは控えることにします。

5.安易に、励ましたり、なぐさめたりもしません。

傾聴できる人とは、思いやりがある人

いかがでしょうか。訓練しないと、傾聴力は簡単には身につかないのがおわかりですね。

とにかく、辛抱強く、聴き役に徹する。「傾聴力」のある人とは、思いやりにあふれ、根気強く、冷静な人、そう言ってよいでしょう。

©話し方教室・あがり症克服・コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院東京/傾聴力