話し方教室「スピーチ、プレゼンの上級者になろう!」

スピーチ、プレゼンは、「中身」が大事

スピーチ・プレゼンは、中身が肝心!これは当然です。 しかし、上級者を目指すには、聞き手を引き付けるテクニックも重要になります。

つまり、姿勢・動作、表情、声、視線、話すスピード。これらを意識的に用いることができて、はじめて上級者といえるのです。

簡単に、以下で重要ポイントをご紹介しましょう。

スピーチ、プレゼンは、「中身以外」も大事!

その中身以外とは、非言語情報。大切なものは次の5つです。

1.姿勢・動作
キリリとした姿勢、キビキヒした動作がカギ。

2.表情
三つのスマイルの習得。すなわち、フルスマイル、ハーフスマイル、クオータースマイルの違いを理解の上、習得する。

3.声
強弱と高低の使い分け。特に強弱。

4.視線
その方向と、アイコンタクトの強弱をセットで。

5.話すスピード
1分間に300字弱。3分スピーチなら、400字詰原稿用紙2枚強が目安。

「あんな話し手になりたい!」、そう言われたら一人前

スピーチ・プレゼンの中身がすばらしい、そして上記のテクニックも上手く使いこなす。そうすると、いつの日にか聞き手が「あんな話し手になりたい!」、そう言ってくれることでしょう。

そのときは、あなたもスピーチ、プレゼンの有段者です。あなたも黒帯を目指して、頑張ってみませんか?

©話し方教室・あがり症克服・コミュニケーション教育なら名門・日本コミュニケーション学院東京/スピーチ・プレゼン