話し方教室「説得力ある企画書の書き方と、プレゼンのコツ」

説得力ある企画書とは、薄いもの

私の過去の経験から、説得力のある企画書はおしなべて「薄い」ものでした。分厚い企画書は練り込みが足りないもの。つまり、作り手がよく咀嚼できていないケースが殆どだったのです。

確か、20年くらい前からでしょうか。「企画書は一枚で」、と世間で言われ始めたのは。

ワンシート企画書の書き方

今回は「ワンシート企画書」のコツを述べてみましょう。

1.まずA4サイズの白紙を用意します。

2.用紙を縦に置きます。三つ折りで3等分。折り目で線を引きます。

3.一段目に、「企画のタイトル」と「企画の背景」、「企画の目的」を記述します(ヨコ書き)。

4.二段目に、「企画の基本的考え方」を記入します。

5.三段目は、「具体的提案・プラン」になります。

6.記述スペースが限られていますので、充分咀嚼して重要なことだけを記述します。文字を小さくして情報量を増やすは姑息。それより情報を選別すべきです。

7.図表や写真などを活用し、分かりやすく訴える工夫も大切です。

企画書とプレゼンは、ワンセットで考える

上記で、ワンシート企画書のコツを述べました。企画書ができたら、あとはプレゼンテーションになります。

そうです。企画書とプレゼンはセットで考えなければならないのです。説得力ある企画書なくして、説得力あるプレゼンもまたないのです。

©話し方教室・あがり症克服・コミュニケーション教育なら名門・日本コミュニケーション学院東京