話し方教室「年賀状」

コミュニケーション・カフェ
話し方教室・学院総長の 今日のコラム:「年賀状」

●早いもので、そろそろ新年の年賀状の準備を始める方も、多いのではないでしょうか。

以前新聞に、「嬉しい年賀状の一言」というアンケート結果が出ていました。ご参考に、ベスト5をご紹介しましょう。

1.〇〇では△△していただき、とても感謝いたしております。

2.〇〇では大変楽しい時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。

3.年も〇〇でご一緒させていただければ幸いです。

4.〇〇さんはお忙しい毎日だと思いますから、くれぐれもご自愛ください。

5.教えていただいた〇〇を今も大事に思っております。
(日経新聞プラス1より)

嬉しい一言は、感謝や思いやりを感じる言葉になっていますね。

●ちなみに、私の年賀状は、いつもその年の干支で文章が始まります。手元にたまたま2007年イノシシ年の年賀状があります。こう書いています。

いし(意志)あるところ道あり

のぞみ(望み)・目標は高く掲げるをもってよしとする

しょうねん(少年)時代そう肝に銘じて生きてきた

しょしん(初心)に返りここからまた歩んでいこう

●文章のアタマの文字を、縦に読むと干支になっています。毎年いつも12月にその年を振り返り、そして新年への想いをこめて文章を書いてきました。もちろん、何らかの一言も手書きで添えます。

さぁて、来年の年賀状は、どんなものにしましょうかねぇ・・。

©話し方教室・あがり症克服・コミュニケーション能力開発なら、日本コミュニケーション学院!