日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室「話材/電車の中での過ごし方」



電車の中での過ごし方は、二つ

電車の中の過ごし方は、大きく分けると二つのタイプに。寝る人と、何かをやる人です。

後者の過ごし方は様々で、例えば新聞や本を読んでいる人。携帯やスマートフォンをいじっている人。おしゃべりしている人。ただボーッと、車窓の景色を眺めている人。

皆さん、思い思いに過ごしています。

電車の時間は、邪魔されない貴重な時間

私は通勤で山手線を使っています。ご存じのように、山手線は一周すると一時間です。そして、内回りと外回りがありますので、一番遠い駅まで移動するのにも30分しかかかりません。

私の通勤時・山手線車内での過ごし方の流儀は、まず、椅子に腰掛けることはしません。腰掛けると眠くなりますから、何もできません。

だからドアそばに立って(降りやすいように)、本を読むか、モバイルで何らかの原稿を書いているのが普通です。

電車の中の時間は邪魔が入りませんので、短時間でも結構作業がはかどり重宝しています。

片道20分の通勤でも、年間80冊の本が読める

電車に乗った片道20分の時間でも馬鹿にしてはいけません。一日往復40分。年間120日休んだとして245日通勤。通勤時間を合計すると、一年間で、9800分(163時間)にもなるのです。

私は2時間弱で本を一冊読みますので、通勤だけでも一年間で80冊読める計算です。だから、通勤の僅かの時間と、なめてはいけないのです。

たかが通勤時間ではありますが、「人生の大事な時間の一部」に違いないのですから、その時間を惜しんで、無駄なく、無理なく過ごしたいものですね。


話材選びも話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京/話材
  • 2011年2月14日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。