話し方教室「話材/新橋は、オヤジ達のオアシス」

昔も今も、新橋は、おやじ達のオアシス

今夜は新橋に行ってきた。友人と飲んだのである。はっきり言って、街はオヤジばかりであった。

そもそも、私と新橋との付き合いは、もうかなり長い。私が昔からオヤジだっだからではない。実は社会人になって入った会社に、私をよくかわいがってくれた方がいた。その方が、いつも私を新橋に連れていくのである。

私が20代前半の頃(つまり、もう30年も前のことになる)の新橋の印象は、やはり当時から、オヤジの街であった。

今と全然変わらない。その当時、銀座で飲みたかった私にとっては、新橋は自分が来るところではないと感じていた。だから、少し、いや、かなり違和感を感じたものだ。

若い頃は新橋に違和感があったが、30年経ったら・・

そして、あれから30年。今は、新橋にしっくりと溶け込んでいる自分がいるのだ。OH NO!

最近私が新橋に行くときは、たいてい大学時代の友人と飲むためである。決して、オヤジの街を求めて行くのではない。

オヤジ目線での、新橋のいいところ

まず、新橋は交通の便が良い。

東京に住んでいる人にも、千葉、神奈川、埼玉に住んでいる人にとっても交通至便だから、集まりやすいのである。

次に、色んなタイプの小さい飲食店が数多くある。

派手な店はないが、色んなタイプの店がある。どれも値段がリーズナブル。これがオヤジたちには嬉しいのだ。

あと、学生がいない。

若い人達が来づらい雰囲気がある。それがオヤジ達にとっては、逆に落ち着けていいのかもしれない。

いずれにしろ、私が東京にいる限り、これからも新橋との縁は切れそうもない。学生時代の悪友との縁が切れないのと同じように。でも、それもまた、いいか!

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話材