日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室「卒業生が『吃音・どもり』矯正の受講体験記をよせてくれました!」

 
〈吃音・どもり専門特化コースの方の受講体験記〉

吃音・専門特化コースを受講された新井さんから、受講体験記をお寄せいただきました。

数多くの、「吃音・どもり」で悩んでいる皆さんのご参考になると思いますので、紹介させていただきます。(新井さんからは、掲載のご了解もいただいております。)

(以下、本文です)


酒井先生、平成24年1月から10月までの10ヶ月間、お世話になりました。
私の体験談が、同じ悩みで苦しんでいる
方々の参考になればと思い、投稿しました。

私は平成24年1月から、日本コミュニケーション学院の「吃音」に特化した専門コースを受講し始めました。

受講したきっかけは、私の職業が人前で話す
職業(教職)なため、いつも「ぼぼぼくは、あああ…」といった話し方で笑われ、恥をかき 精神的にまいってしまったからです。


ちなみに私は、過去に一度だけほかの 吃音矯正所に通っ
たことがあります。

その時は、ゆったりとしたリズムのク
ラシック風の音楽を聴きながら、瞑想にふけることを週一回、50分行なうものでした。

そこには約7ヶ月間通いましたが、
お金だけ どぶに捨てて、まったく効果なし。このとき、「やっぱり吃音は治らない」と思いました。


それからしばらくして、
「やっぱり吃音を治したい」と再び思い始め、インターネットで調べていたところ、日本コミュニケーション学院が目にとまりました。

さっそく予約して、話を聴きに行きました。

先生は吃音
のメカニズムを丁寧に説明してくださり、結論として「発声発音にかかわる神経や筋肉が、バランスを崩している(委細は省略)」と話されました。

私にはピン!とくるものがありました。

いつも、
「落ち着いて」とか、「ゆっくり」と言われるだけだったので、発声発音の神経や筋肉について考えたことはありませんでした。 先生の理にかなった説明を聴いて、「治るかも」と思ったものです。

受講してから5ヶ月が経過した頃、話す時、無理な力を上体に入れなくても話せる自分がいることに気づきました。

れも先生のアドバイスに従って、吃音矯正のための練習を、さぼることなく続けたからだと思います。 

現在では、「吃音が出るのでは」という不安は、なく
なりました。もし、出かけたとしても、その瞬間にうまく戻せる自信もあります。

小学生の時から、30代まで苦しめられた吃音。
悔しい思いをしたことは数多くありましたが、今ではいい思い出です。

吃音に悩んでいる方に言います。必ず吃音は治り
ます。頑張ってください。

最後に、酒井先生、ありがとうございました。

(本文は、ここまでです)


新井さん、体験記をお寄せくださり、誠にありがとうございました。

私(酒井)はいつも思うのです。正しい理論とそれに基づく指導法なら、問題はあっけなく解決できるものであると。

しかし、その理論と指導法を開発することは、容易なことではありません。

吃音で悩んでいる皆さん、新井さんも言われているように 「必ず吃音は直ります」。
だから、あきらめないで、最後にもう一度だけ チャレンジする勇気を持ってくださいね。


コピーライト 吃音・どもりの矯正も話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京/本学の使命

 


  • 2013年1月10日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。