話し方教室「時事問題スピーチをやるメリット」

本日の本学・話し方教室のスピーチのタイトル

今日の日曜日も、本学では集団授業が行われた。本日のお題は“時事問題”である。

皆さんが取り上げた時事問題は、淡路の地震、鳥インフルエンザ、SNS利用、NHKスペシャル、日露会談をはじめ色々だ。

時事問題をスピーチしてもらう理由

時事問題は、本学では定番のお題にしている。私が定番にした理由は3つある。

1.皆さんに、もっと時事問題に関心を持ってもらいたいから。

日本人にはノンポリが多く、時事のことをあまり知りませんし、興味もありません。それでは困ります。

2.理解力と要約力を養えるから。

時事問題を分かりやすくスピーチするには、新聞や週刊誌をキチンとよんで理解し、なおかつ、かいつまんで説明する要約力が必要になります。その力が身につくのです。

3.コメント力を養えるから。

スピーチのおしまいに、必ず自分のコメントを述べてもらうことになっていますので、コメント力が身につきます。

本学・話し方教室の受講生のすばらしさ!

上記の理由で、私は時事問題を好んで取り上げるのですが、実は受講者の皆さんには、それが頭痛の種のようです。

それでも、熱心に授業に出席して、ガンバッてスピーチしている皆さんのお姿を拝見し、私はいつも頭が下がりっぱなしなのです。

そして私は、いつも思うのです。うちの受講生の皆さんは、ホントに熱心!ホントにすばらしい!と。

これは、どこにも負けない、本学の大きな財産、大きな誇りになっているのです。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京/スピーチ