日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室「面接試験を成功に導く、話し方の秘訣」


面接は誰もが通る道


入試、就職活動、転職活動。人生を歩むにあたって、面接は避けては通れないものです。

面接で成功するには、面接官とのコミュニケーションが大切です。いかに良い印象を与えられるかが、勝負の分かれ目となります。

そして、面接で好印象を与える話し方には、いくつかのポイントがありますので、整理しておきましょう。

面接における重要ポイント

①「結論から話す」

結論を先に話すことで、自分の最も伝えたいことが瞬時に相手に伝わります。そこから理由や具体例を付け加えることで、先に述べた結論に具体性、説得力が増すのです。



逆に、結論がなかなか出てこない話をしてしまうと、面接官に「この人は結局、何が言いたいのだろう」と思われるおそれがあるので注意したいところです。

②「聞かれたことだけに答えて話す」

簡単なことのように思うかもしれませんが、これを実践できていない人は意外と多いものです。緊張のあまり、聞かれていることと違うことを答えてしまう人がいます。

また、たくさん話さなくてはならないと思い、話の途中で脱線してしまう人は少なくありません。「なぜ○○~?」と聞かれたら、「○○なのは△△だからです」と、シンプルに答えることを心がけましょう。

③「間を置く」話し方を

なぜなら、間を置くことで、面接官に話を整理させる時間を与えるのと同時に、自分自身も話したいことを整理する時間が作れるからです。

それに加え、間を置くことで相手の好奇心をそそることができます。ですから、間を上手く使えると面接では有利なのです。

面接で人生は変わる

面接はしっかり対策すれば、上手くいきます。とはいえ、面接は今後の人生を左右するほど大切なものなので、いざとなると緊張してしまうこともあるでしょう。

もし、あがり症で面接がうまくいかない人は、話し方教室に通ってみることをお勧めします。あがり症の人でも、訓練すれば、話し方は上達できるのですから。

面接は今後の人生を左右するほど大切な場面。ですから面接に成功すれば、今後の人生を好転させることも可能になってきます。明るい未来のめにも、ぜひ面接力を上げる話し方を身につけましょう!


(C)面接試験の話し方なら話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/面接試験対策/学院総長監修


  • 2015年7月14日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。