会話・雑談の話し方教室「初対面の人と上手く会話するための話し方の基礎知識」

初対面の人と会話する

初対面の人と話しをする時、始めになんと声をかければ良いのか・・、と悩んだ経験がある方もいるのではないでしょうか。

初対面での会話は、お互いの印象を決める重要なポイントですよね。
では、どのようにしたら、自分にとっても相手にとっても、気持ちの良い会話が出来るのでしょうか?

初対面の人と円滑に会話をするための基礎知識

1.会話の表情

初対面の場合、表情が柔らかい人、というのは話しかけやすいものです。無愛想な人には、話しかける側もとてもやりにくさを感じます。できれば笑顔で、優しい気持ちで、接することから始めましょう。

2.会話の話題づくり

そして、初対面の人と話す時に大事になるのは話題作りです。どんなことを話せばいいのか。盛り上がらなくとも、相手を退屈させないために何を話せば・・と、あせる気持ちもわからないではありません。

でも、あわてないでください。コミュニケーションをとる上で必要なのは、相手が話しやすく、かつ、お互いが共有できる話題から振ればいいのです。

例えば、天気、ニュース、着ている物、流行、食べ物、レジャーなど、誰もが知っている切り口から、お互いの共有できる話題を見つけていきましょう。

3.会話での、あがり症・緊張対策

普段はそうでもなくても、初対面の人と話す時だけ、妙に緊張してうまく会話が出来ない、あがり症になってしまう人もいますが、あがってはいけない!と考える必要はないのです。

でも、あがってしまった時は、自分をよく見せようとしないことです。それよりも、相手の話を聞く、そのことに意識を傾けるのがよいでしょう。

「話さなきゃ、話さなきゃ」と思うと、自分も相手も疲れます。会話とは一人でするものではありません。相手がいて初めて成立するものですよね。

ですから、相手に話題を振って、話してもらうことで自分もラクになるのです。一人でずっと話す人は、決して人に好かれないことを忘れないでください。

まず声を出すことから会話をはじめよう

さて、いろんな場面で、コミュニケーション能力が求められている現代。初対面の人とサラリと会話が出来ることも大事なこと。

まずは、肩肘張らず、笑顔で、天気や身につけているものなど、身近な話題から始めてみてはいかがでしょうか?

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/会話・雑談力/学院総長監修