日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室「自分から、すすんで挨拶するのが苦手!克服する方法は?」


自分からは、なかなかすすんで挨拶できず、挨拶されてからやっと挨拶を返す人がいます。挨拶は大事だと分かっているので、余計に辛くなります。

今日は、挨拶がなかなかできない人に、挨拶が上手にできるようになる方法をご案内しましょう。

 


挨拶の大切さ

挨拶はコミュニケーションの始まりです。元気で明るい挨拶は、相手を認めて友好的な関係づくりに役立ちます。

挨拶が明るい職場は、業績もよいものです。やる気がみなぎっています。チームワークが良いです。

自分から挨拶をする人は、自分から動ける人であり、積極的に仕事をする人でもあるのです。

挨拶ができないと

聞こえないフリなのか、ホントに気が付かないのか、挨拶されても返事をしない人は、周りへの気配りができない人と思われます。

いえ、それ以上に、常識がない人と勘違いされているかもしれません。どちらにしても、マイナス評価は避けられません。

正しい挨拶とは

正しい挨拶とは、相手に向かって真っ直ぐに立ち、笑顔で、明るく大きな声で、丁寧なお辞儀もあわせてする挨拶です。

歩いていたら止まって、横を向いていたら真っ直ぐに向き直って、目を合わせてから、にこやかに挨拶します。

挨拶の苦手意識を克服する

挨拶をする、と決めてしまうことがまず第一です。何時、何処で、誰にするかを決めておきます。一週間も続ければ習慣になり、構えなくても自然にできるようになります。あとは、だんだん範囲を広げていきます。

人より早く挨拶できるように、少し遠く5mほど前から、挨拶をしましょう。元気で明るい話し方をしましょう。

相手の顔を見て、挨拶をしてください。誰に言っているのか、判らないようだと挨拶の意味がありません。何人か一緒にいたら、一人ずつ顔を見て挨拶しましょう。

もし、挨拶が返って来なくても、へこまないでください。相手も挨拶が苦手なのかもしれません。気にしないで続けましょう!

それでも挨拶が返って来なければ、相手の名前を呼んで、挨拶してみてください。きっと返事が返ってくると思いますよ。

たかが挨拶、されど挨拶

挨拶は、できて当たり前。でも、いい挨拶ができれば、「あの人は、いい人だよね!」という評価にも繋がりますから、しっかりと挨拶してください。

多くの人と、自分からすすんで挨拶しましょう。でも、「やはり、大変」と思った人は、本学の講座を受講してください。すぐに、できるようになりますから!

(●参考情報/記事関連・推奨の話し方教室 講座 )


コピーライト 挨拶のコミュニケーションなら話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/挨拶コミュニケーション/学院総長監修


  • 2015年10月27日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。