話し方教室「就職・転職の『面接』を成功させる話し方のコツ」


「面接」試験では、基礎的なコミュニケーション・スキルが必要になります。人前で話すのが苦手な人や、緊張してしまう人は、どうすれば良いでしょうか。

1.面接で緊張するのは、自分だけではないと知る

面接で、あがることは当たり前です。あなただけではありません。なぜなら、他人から自分を評価される場面なのですから、緊張しない方がめずらしいのです。

でも、心配しないでください。面接官は、緊張しているからといって、落としたりはしませんから。

2.面接で良い印象を残すコツ

面接では、始めの7秒で第一印象が、そして5分で評価が決まる、と言われます。人が話を聞いている時は、話す内容よりも、服装、姿勢、動作・しぐさ、それに声のトーン、話し方などの方が強く印象に残るものです。

もちろん、話す内容がどうでも良い訳ではありません。それについては、しっかり準備をしておきます。準備については、過去の話し方入門教養講座でも紹介していますので、そちらをご参考になってください。

面接では、面接官に対して、自分のために時間を割いてくれていることに感謝したいものです。

3.面接の第一印象は、服装と髪型から

面接では、社会人としてのマナーはできているか、常識があるか、なども見ています。服装、髪型に注意し、お辞儀もきちんとできるようにしておいてください。

皺のないスーツに、洗濯してアイロンのかかった白いワイシャツ。男性はネクタイを着用。靴は綺麗に磨いておきます。髪は染めずに、フケ、寝癖にも注意して、清潔感あふれる装いにしましょう。

4.面接も備えあれば憂いなし

自分の力だけでは心配なら、本学などプロの力を借りるのがよいでしょう。ちなみに、本学では「弱点克服」を集中的に実施します。

さて、面接の場面とは、評価をされる場面ですから、皆あがっています。それでも、自信を持って面接に臨めるようにするためには、事前の準備を怠りなくやる。やはり、これが一番の対策になります。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/面接試験/学院総長監修