話し方教室「説得力あるコミュニケーションのコツ!〈ナンバリング〉とは?」

説得力をあげるちょっとしたコツ

ビジネス活動というものは、常に新しい人と会う活動ともいえます。もし、あがり症の方ならば、かなりストレスのたまることでもあります。新しい人に会うということは、それだけうまくコミュニケーションをとらなければいけない相手も増えるということですから。

仮に、知らない人に説得力を持って物事を伝える話し方ができたなら、その人とあつい信頼関係を築くことができるでしょう。ただ、なかなか説得力をもって物事を伝えることは難しい・・。

そこで今回は、ほんの少しのコツで、劇的に説得力のあるコミュニケーションを取ることが出来る方法をご紹介することにしましょう。そのコツとは「ナンバリング」です。

ナンバリングを活用する

ナンバリングとは、数字をふることです。数字をふるとは、全体数を明らかにし、それらを詳らかにしていくこと、と定義しておきましょう。

それだけでは何のことかわかりませんので、以下で具体的な方法をお示しします。

ナンバリングを用いた話し方

ナンバリングの具体的な方法はシンプルです。「今回伝えたいことは、全部で〇つです」と、最初に口頭で伝えるのです。

もしも対面している相手なら、手で数字を示すのもいいでしょう。そして、当然の事ながら伝えたいことの数は、相手が把握できる範囲にとどめてください。3つが相手も把握しやすくバランスもいいのでお勧めです。

最初に宣言をしたあと、「一つ目は~」と話を続けてください。

ちなみに、この話し方の具体的なメリットは、いくつもあります。でも、ここではあえて述べません。皆さんに実際使っていただき、そのメリットを肌で感じていただきたいと思うからです。

ナンバリングで話す、書く

今回は説得力のあるコミュニケーションのコツとして、ナンバリングというコツをお伝えしました。

実はナンバリングは、口頭だけではなく、文章やメールにも使えるテクニックです。そしてこのテクニックは、「できるビジネスパーソン」が日常的に使っているものでもあるのです。

皆さんもこのコツを身に着けて、説得力のあるコミュニケーションをとることを今日から始めてくださいね。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/説得力/学院総長監修