話し方教室東京 教養講座-完璧なビジネス・プレゼンテーションを実施する秘訣!

完璧なビジネスプレゼンテーションを行うには

「テックブリオン」では、聴覚情報を視覚情報にて補完することによって聞き手を魅了でき、完璧なビジネスプレゼンテーションになると説明している。

大きな会議、部内ミーティング、同僚との打ち合わせをはじめ、ビジネスシーンではプレゼンテーション機会が多々ある。しかしながら、完璧なプレゼンテーションを行うことは容易でない。

聞き手に応じて、パワーポイントのテンプレートを使い分ける

プレゼンテーションを成功させるには、まず、力強いオープニングが求められる。華々しくプレゼンテーションを始め、聞き手に対して強い印象を与え、瞬時に引き込む。

それゆえ、ビジネスプレゼンテーションでは、視覚的訴求が重要になる。なかでも、パワーポイントは、聞き手の興味・関心を集めるうえで、最適なツールである。

例えば、マーケティング戦略のプレゼンテーションでは、モダンかつスタイリッシュなテンプレートデザインが適している。テンプレートを通じて、最新トレンドや流行に敏感である印象を与えられる。つまり、聞き手は、話し手が斬新かつ革新的な人であるイメージを受ける。

一方、固い会議では、保守的なテンプレートデザインが好まれる。

聞き手に応じてパワーポイントのテンプレートを使い分け、臨機応変に活用することにより、幸先の良いスタートを切れるという。

プレゼンでは「聴覚情報(話し手の言葉)」と「視覚情報」を駆使する

プレゼンテーションの目的は「情報伝達」「説得」である。聞き手の興味・関心を引き付けながら話し手のメッセージに耳を傾けてもらい、理解や共感を得るには、聴覚情報だけでは少し弱い。

そこで、プレゼンテーションでは、聴覚情報(話し手の言葉)に加えて視覚情報を駆使する。パワーポイント資料だけでなく、写真や画像、グラフやチャート、動画などの視覚的ツールを活用することによって話の内容は補完され、聞き手の注意を集めやすくなる。

特に、グラフやチャートでは、数字情報、データの関係性が視覚化され、相手は理解しやすい。そのため、グラフやチャートを作成する際は、正確な数値やデータに基づき、一目で分かるような、明瞭簡潔なものを意識する。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション能力開発・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会