話し方教室東京 教養講座-ビジネスプレゼンテーションの説得力を高める秘訣!

ビジネス・プレゼンテーションの訴求力を高める

「デイリー ニュース ハンガリー」では、プレゼンテーションの主題やテーマを徹底的に調べたうえでアウトラインをしっかりと作成することにより、聞き手に対する説得力や影響力が高まると説明している。

会議、商談、ミーティング、打ち合わせ、ウェビナー、マーケティングなどビジネスにおいて、プレゼンテーションは極めて重要であり、プレゼンテーションによって差別化が図れる。

自信を持って話すために、テーマについて徹底的に調べて精通する

プレゼンテーションでは、自信をもって堂々と話すことによって聞き手の信頼・信用を得られる。人前で自信をもって話すには、話の内容に精通していることが不可欠となる。

つまり、聞き手の信頼・信用を得るうえで、話し手は、主題やテーマに深く精通している状態が求められる。そこで、プレゼンテーションに向けて、主題やテーマ、それに関連する事象を徹底的に調べて理解を深める。主題やテーマに対する知識量が増えて理解が深まると強い印象を与えられ、説得力が向上する。

また、聞き手の反応、疑問点や質問が予測でき、プレゼンテーション中のあらゆる状況に落ち着いて対処できる。

プレゼンの内容をしっかりと構成して、聞き手の興味・関心を引き付ける

聞き手の興味・関心を引き付けるには、話のアウトライン(筋書き、概要)をしっかりと作成する。アウトラインとはプレゼンテーションの骨組みであり、イントロダクション(導入)、ボディ(展開)、コンクルージョン(結び)で構成する。

導入では、聞き手の興味・関心を一気に引き付ける。例えば、聞き手へ質問を投げ掛ける、インパクトの強い数字を提示するなど、プレゼンテーションの主題やテーマを示して問題を提起する。

また、個人的な体験談やエピソードといったストーリーテリングから話を始めるのも良い。聞き手は、ストーリーテリングを通じてコンセプトやテーマを正しく理解でき、より強く印象付けられるという。

展開では、裏付けデータや根拠となる情報に基づき、冒頭で提起した問題を説明する。そして、結びにおいて、話の要点を整理しながら最も伝えたいメッセージを強調し、強い印象を残す。

なお、プレゼンテーションは、20分を目安にスライド資料10枚、フォントサイズ最低30ポイントにて準備する。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション能力開発・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会