話し方教室東京 教養講座-コーチングでビジネスパフォーマンスを改善せよ!

人材開発、組織活性化をコーチングで実現する

「アントレプレナー」では、「組織の活性化」「人材開発・人材育成」を促進させるうえで、コーチングは非常に重要であると説明している。

仕事の無駄をなくし、ビジネスパフォーマンスを向上するうえで、コーチングは欠かせないものになっている。コーチ(コーチングする側)の手腕が高いほど、個々の能力・スキルは改善し、企業や組織の安定性や結束力は強化され、コーチャー(コーチングされる側)の目標・ゴールは達成できる。

コーチとコーチャーとの信頼関係構築がコーチングの大前提

コーチングは、結果志向のアプローチである。コーチは、コーチングを通じて、コーチャーの目標を実現する手助けをする。

そこで、コーチングで結果を得るためには、コーチとコーチャーにおける信頼関係、透明性、コーチとコーチャーが相互に合意した目標やゴールを設定する必要がある。特に、信頼関係の構築、透明性のあるコミュニケーションには、コーチの態度が大きく影響する。

コーチはGROWモデルにそって、コーチャーの能力を引き出し自信を高める

コーチングでは、基本的なコーチング「GROWモデル(Goal:目標の明確化、Reality:現実の把握、Options:選択肢の創造、Way Forward:具体的なアクションプラン)」に従って、コーチングされる側の自信を高める。

そして、パフォーマンスの改善、円滑な人間関係の構築、効率的なコミュニケーションを促す。その結果、個々の能力・スキルは向上し、企業や組織の安定性や結束力は高まり、コーチング目標・ゴールが達成される。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブコーチング

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,コーチングコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会