話し方教室東京 教養講座-リーダーは燃え尽き症候群を回避しなければならない!

リーダーのプレッシャーは計り知れない

リーダーはスタッフをはじめとしてクライアントなどビジネスに関係する人々を満足させるために、多くの作業をする必要がある。

だがそのプレッシャーは計り知れず、その結果、リーダーが燃え尽き症候群になってしまうこともある。

ギャラップの調査によると、フルタイムで働いている人の3人に2人は燃え尽き症候群と戦っており、特にリーダーが燃え尽きるとスタッフも疲れ果て感情が不安定になると、ビジネス・ツー・コミュニティに記されている。

ビジネスがうまく進んでない状況の中で最高のスタッフを失う可能性もあるので、リーダーの燃え尽き症候群は避けるようにしなければならない。

リーダーにはビジネスをブロックする時間が必要

リーダーが燃え尽き症候群を避けるために最も大切なことは、外部を遮断することであると言う。常に外部とつながっていると、仕事から離れられないからである。

ただ立場上、24時間年中無休で仕事に対応しなければならないこともあるだろう。どうしても夜間や終末も対応しなければならない時は、時間を決めて対応すると良い。ビジネスをブロックする時間を細かくスケジュールをしていくだけでも、ストレスを軽減できると言うことである。

気持ちが潰れてしまうと、他人との接触を避けて社交性がなくなりがちである。

自分の魂の健康を養っている物、事、人と時間を過ごす

燃え尽き症候群を克服する際に、思いやりのある友人や家族は味方であることを忘れてはならない。自分のこと気にかけてくれる人と、時間を気にせず質の高い時間を過ごすことは、社会生活への復帰に重要なのである。

また義務的で生産性を求める生活に追われると、ヒーリングや自分にエネルギーを補充する大切さを忘れてしまう。たとえ休暇が取れなくても、別のことで心に栄養を与える時間を作る必要がある。

子供が遊びを通して学んでいくという本質は、大人でも変わらない。何が自分の魂の健康を養っているのかを、考え直してみる必要がある。読書でもいいし料理でも良い。それは人によって違うだろう。

もちろんすぐに状況が改善される訳ではないだろうが、徐々に気分が前向きになり、燃え尽き症候群を克服することができるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブコーチング

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教養講座・スタッフ委員会