話し方教室東京 教養講座-交渉の基本スキルを身につけよ!

交渉ではWin-Winの解決を模索する

「ザ セクター」では、交渉のスキルを向上させるための方法について、リーダーシップと交渉のコーチを行う専門家が基本的なポイントを解説している。

交渉では、感情をコントロールし勝ち負けではなくWin-Winの解決を模索することが大切だ。

交渉では「尋ねる」ことで洞察が得られる

交渉の中で回答を準備していなかったり、不意を突かれた内容に対しては一時停止して尋ねる方がよい。また、知識を持っていると証明するために答えようとするよりも、好奇心を持って尋ねた方がより深い洞察を得られるものだ。

例えば、「それについてもっと教えてもらえますか」「それはあなたの視点ですか」など、相手の反応によってその後の回答もしやすくなる。

交渉での緊張や沈黙を味方につける、白熱したら休憩や中止も

交渉では緊張することが多く、和らげるのは簡単ではない。1対1のときは、勝ち負けではなく「2人の問題」と考えるようにするのがよい。緊張をほぐすためにユーモアを取り入れられると会話もスムーズだ。

また、会話中に沈黙を恐れる人が少なくない。沈黙は決して悪いことではないため、焦らずに相手の出方を見るか、沈黙の時間を使ってこれまでのメモを確認するということもできる。

一方で、交渉が白熱するときは一旦落ち着くことが大切だ。そういった状況ではどちらも「イエス」と答えるのは難しくなるため、熟考するために休憩を取る。それでもうまくいかないときは、妥協するよりも中止することが望ましい。

■ 記事関連・話し方講座/営業・セールス専門・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会