話し方教室東京 教養講座-ビジネスマンは、プレゼンテーション能力を向上させよ!

プレゼンテーションは悪夢、苦手だ

イベントや会議等でのプレゼンテーションは苦手だという人は少なくない。特に人見知りやシャイと言った内向的な性格な人にとって、混雑した会議室で注目の的となることは悪夢だろう。

しかしプレゼンテーションに慣れることは、誰でもが学べるスキルであると、ビジネスニュースデイリーが報じている。

内向的な性格の人も、プレゼンスキルを獲得して成功のための進歩を遂げれば、ビジネスにおいて望みどおりの結果が得られると言っている。

ではそのためには、一体どうしたら良いのだろうか。

プレゼンはスキル!練習が重要

内向的であるか外向的であるかは、素晴らしいプレゼンターであるかどうかには関係ないと言う。

まず自分は緊張している、苦手だと言うことを受け入れる。その上で、リスナーは成功を望んでくれていると考えるのだ。またプレゼンテーションと考えるのではなく、物語を語るのだとでも思うことが大事と言う。

そしてスピーキングはスキルであるため、練習が重要になる。

プレゼン練習中のミスを恐れない、ミスで学習効果が得られる

そのための方法として、動画を撮って再生してみることも有効だと言う。自分のプレゼンテーションやスピーチに慣れることができると、不安なエネルギー消費を減らすことができるからだ。

また練習中に、ミスを恐れる必要はない。実際には、練習中にミスをした方が学習効果が得られると言う。ミスが気になったら進歩している証拠でもある。

そしてプレゼンが終わるたびにダウンタイムをスケジュールして、充電時間を確保する。

こういった手法をアレンジして、ビジネスキャリアを向上させるための努力を惜しまなければ、必ずプレゼンテーション能力は上がっていくのだ。

■ 記事関連・話し方講座/プレゼンテーション専門・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©スピーチ,プレゼンテーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教養講座・スタッフ委員会