営業・セールスの話し方教室(東京)-営業・セールスマンは、コミュニケーションスキルを磨け!

営業・セールスは、言語コミュニケーションスキルを改善せよ

コミュニケーションスキルはビジネスにおいて成功を左右する重要な能力で、営業・販売においても同じだ。では、どのようにしてコミュニケーションスキルを改善していくのか、その方法をキャサリン・アラゴン氏がセールスハッカーの記事で紹介している。

まずは口頭によるコミュニケーションで自分の表現や商品・サービス紹介などを、うまくできるようにしなければならない。営業・販売では「対人コミュニケーション」・「小グループとのコミュニケーション」・「パブリックコミュニケーション」の3つの方法に分類される。

これらの場面であなたの考えなどを口頭で伝えられるよう、継続的にアプローチ方法を改善すると良い。

非言語コミュニケーションスキルを改善せよ

また、ある研究ではコミュニケーション全体の90%が、非言語的なものであるという結果が得られている。

顔の表情やアイコンタクト、姿勢など口頭によるコミュニケーションがうまくても、非言語のコミュニケーションが不十分だと相手と良い関係をきずくのは難しい。自信を持って話して身体の動きと一致するように努めると、より商談の成立などにつながるだろう。

相手に合わせてコミュニケーションのアプローチを変えよ

話している相手や会話の目的、スケジュールなどを考慮して、アプローチをしていくと良い。場合によってはメールよりも電話のほうが連絡がとりやすかったり、エンゲージメントが高まったりする可能性があるため、状況に応じてアプローチ方法を変えられる柔軟性が大切だ。

また、コミュニケーションスキルの改善するために、会社の同僚などからフィードバックを得ても大きな効果がある。例えば社内でプレゼンテーションを行ったら、その内容や話し方の改善点などがあるか聞くといった方法もある。

■ 記事関連・話し方講座/営業,セールス専門・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教養講座・スタッフ委員会