日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 あがり症 東京

 
 話し方教室の授業(ワンポイントレッスン)





ライバルに差をつける話し方
好印象を与える元気な声で自分をアピール!
面接対策といえばつい外見ばかり気にしがちだけれど、話し方や声から受ける印象は意外に大きいもの。

予想しなかった質問をされて、しどろもどろなんて経験のある人も多いのでは。
そうならないためにも、基本的なマナーや自分をアピールできるきちんとした話し方を身につけておきたい。

端的に、短文で、語尾まではっきりと話す。
「第一印象は人の五感で決まります。面接では目と耳から入る情報が重要。見た目も大切ですが、明るく弾むような声で耳の印象をよくしましょう」と「日本コミュニケーション学院グループ」の総長、酒井美智雄先生。人とコミュニケーションをとるには、まず音を伝えること。声にパワーと明瞭さが求められる。

「声の小さい人が多いんです。元気のいい印象を与えるには、面接官に話しかけるのではなく、相手の後ろの壁に話しかけるつもりで声を出すこと。それで3割声が大きくなります。」

いくら大声でも、聞き取りずらい声というのもある。そういう人は下記の発音法を練習すると効果的だ。

音の次は、意味を伝えること。意味を明確に伝達するためには、3つのポイントがあるという。「第一は端的に、第二に短文で、第三に語尾まではっきりと話すことを心がけましょう」
その反対の、まわりくどく、だらだらと長文で、語尾の消え入る話し方がいわゆるダメな話し方。こんなふうに話していないか、面接の前に自分の話し方をチェックしておこう。


母音の発音練習法
日本語は母音が中心。母音の発声発音練習をしっかりすることで、明瞭な発音ができるようになります。

指2本がタテに入るくらい、あごを下げ大きく口をあける。
アの半分くらいの大きさにして、口を開ける。
くちびるを横に引っ張るようにして、口角をぐっと持ち上げる。
くちびるを中央に寄せる。ただし、前に突き出さないこと。
くちびるを前に突き出し、指1本が入るくらい口を開ける。


的確な指導でコミュニケーション能力を開発する
当校ではひとりひとりに合わせたプログラムを提供し、必ず結果を出せると自信をもっております。
(学院・責任者より)
テキスト・教材




 



話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京

 

▲ ページの先頭に戻る

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。