会話・雑談の話し方教室「好感度アップ!EQスキルを磨き、会話に応用しよう!」

人の好感度に影響するエモーショナル・インテリジェンス

ビジネス・インサイダーでは10月17日、EQ(またはEI:エモーショナル・インテリジェンス)について取り上げている。好感度を得るための専門家のアドバイスで、コミュニケーションに必要な部分を幾つか抜粋する。

EQスキルをもとにした、「会話」の注意点

「こころの知能指数」と呼ばれるEQ。感情と思考のバランスをマネージメントできるようになる能力で、生まれ持っているルックスや知性よりも人の好感度に大きく影響してくるという研究がある。

EQスキルをもとにした、会話の注意点を述べよう。

会話の中でありがちな傾向は、聞きいているつもりでも、次に話すことに焦点を当ててしまい集中していないこと だという。できるだけ質問をし、明確化しようとする姿勢が、相手に好感を持ってもらえると指摘。

また著名人や有名人など、興味深い人物について過度に話すのは避けるべきだとも述べている。

話題を広げようとしてかえって知識をひけらかす、または自身のことのように自慢する印象を与えてしまうからだ。同様にゴシップもポジティブではないため避けたい。

自身の行動が他人にどう映るのかを、意識すること

ほかにも、ソーシャルメディアを過度に共有している人は好まれないという調査もある。

自身の考えや意見をきちんとコントロールして配信しないと、信用問題にも発展するからだ。自身の行動が他人にどのように認識されているのか、意識するとよいとアドバイスしている。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話・雑談/話し方教室ニュース・スタップ委員会