日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

ファミリーコミュニケーションの話し方教室|ソーシャルメディアで問題を抱える子ども 心配する親はどう接するか

 
ソーシャルメディアでの問題、親が子どもと話し合う
心理学博士のLinda Papadopoulos氏によれば、ソーシャルメディア上で問題を抱える子どもから、スマホなどの端末などを取り上げることは、解決につながらないとしている。

そこで、どのように親が子どもと接するべきかを説明。その内容がThe Sunの4日の記事で紹介された。


同氏によれば、ソーシャルメディアなどで何か問題があった場合、親は端末などを取り上げて解決しようとするが、それは逆に子どもを孤独にさせてしまう。

子どもが悩んでいたり、問題に巻き込まれていると感じたら、タイミングを見計らって子どもと問題について話し合い、落ち着いた物腰で、どのような助けができるのかを知らせると良いとしている。


 
ファミリーコミュニケーション/イメージ画像
 
問題は会話の中で解決するよう、気持ちの伝え方も教える
仮に友人との間で問題が生じているのなら、その友達にやられていることなどが、「私」にどう感じさせているのかを伝えるなど、直接子どもに解決をさせるようにすると良いと指摘している。

また、怒りにまかせて、攻撃的なメッセージを書くのではなく、会話の中で解決を図るように教えることも重要なことだとした。

■関連リンク The Sun https://www.thesun.co.uk/


まとめ/話し方教室の視点:親と子のコミュニケーションのポイント
話し方教室:親子のコミュニケーションのポイント

ソーシャルメディアで何か問題があった場合、親は子供の端末を取り上げて解決しようとする。しかしそれでは子どもを孤独にさせてしまい、問題解決にならないという。そこで大事なポイントを3つ。

①タイミングを計って、話し合うこと。

②会話の中で解決するように教えること。

③(相手への)気持ちの伝え方も教えること。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方教室ワールドニュース・スタッフ委員会

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。