会話・雑談の話し方教室「より良いコミュニケーターになるための会話のコツ」(話し方ニュース東京)

あなたのコミュニケーションは「会話」になっているだろうか?

スマホを操作しながら話すなど、相手に注意を払わずにコミュニケーションをする人が多くいるということが、ケント大学の調査によって分かっている。

ハイデン・フィールド氏は、より良いコミュニケーターになるためには、自身の行動や態度を改める必要があるとして、その方法をアントレプレナーの4日の記事で紹介した。

まず、「相手が話していることを聞いてくれているか」ではなく、それが「会話」になっているかが、コミュニケーションにおいて重要だと指摘。

人間は一方的に話すよりも、言葉のキャッチボールをすることを好む傾向にあると、マサチューセッツ工科大学の最近の調査で分かった。また、このキャッチボールの回数が多いほど、子どもの脳機能の発達や言語発達にとっても良い影響があるとしている。

リスニングに注力し、ボディランゲージに気をつけること

リスニングは「スキル」というものではない。自身でそれをするかどうかを選べるものである。その行動をすることは全く難しくないが、注力すると相手に大きな興味を示し、良い印象を与えられる。

また、ボディランゲージも相手に対し大きな印象を与える。しかし、自身の癖などを把握することは難しいため、どのように見えているか客観的な意見を聞くことで、更に改善させることが可能だ。

話し方教室の要点「会話・雑談の話し方のポイントとは?」

1.「人間は一方的に話すより、言葉のキャッチボールをすることを好む傾向にある」ので、言葉のキャッチボールをすること。

2.リスニングに注力することで、相手に大きな興味を示せる。良い印象を与えられる。

3.ボディランゲージも相手に大きな印象を与えるため、自身の癖を改善すること。

若い人達の会話のスキルが落ちている。もっとも、高齢者であっても会話・雑談が上手くできない人は少なくない。

会話・雑談は、社会人が必ずできるようにならなければいけない2大コミュニケーションスキルの一つだ。日常会話に不安がある方は、会話・雑談の名門・日本コミュニケーション学院の話し方教室で学ばれることが、問題解決の一番の近道だろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話,雑談力/話し方教室ニュース・スタッフ委員会