話し方教室「話し手の印象は、プレゼンテーション結果を左右する」(話し方ニュース東京)

プレゼン結果と、話し手の印象

話し手の印象は、プレゼンテーション結果に大きな影響を与える。成功するプレゼンにおいて、話し手が不安、緊張など否定的な印象は与えない。

緊張のあまり胃が痛く、手汗が止まらないなど人前で話す状況に不安や緊張を感じていたとしても、態度に出さない、否定的な感情を肯定的な感情に変え、聞き手に対して自信をもって話している印象を与える。

一方、声が小さいなど話し手の態度より不安感や緊張感が聞き手に伝わる場合、プレゼンテーションは失敗に終わる。「ピープル・マターズ」では、プレゼンテーションで緊張や不安を態度に出さない術を教授する。

「プレゼンテーション目的」を明確にする

自信をもって話す印象を与えるには、プレゼンテーション内容が大きく関わってくる。成功するプレゼンテーションでは、目的が明確である。明確な目的に基づき、話が構成され、話し手は構成に沿って話を展開する。

そのうえで、話の構成や展開においてキーワードとなる言葉や表現を書き留め、メモを見ながら話す練習を行うのが好ましい。目的の明確化はプレゼンテーション資料の作成に活かせ、内容を明瞭簡潔にまとめられる。

つまり、明確な目的に基づいた話の構成に従ってプレゼンテーションを展開することにより、自信をもって話すことができる。また、聞き手から意見され、質問を投げ掛けられ、話が中断しても、結論を見失わず、自然な流れで話を再開できる。

事前に、聞き手に対する理解を深めておく

概して、人は知らないものに対して恐怖を抱く。したがって、聞き手への認知不足は、プレゼンテーションの不安、恐怖、緊張を増長させる。プレゼンテーション準備では、内容の構成に加えて、相手の特徴、興味・関心の対象、ニーズなど聞き手について知ることが求められる。

聞き手への理解は、話の構成・展開を考えるうえで不可欠である。また、反応や質問など聞き手の反応が想定でき、ある程度の状況には事前対処が可能である。それゆえ、聞き手に対する理解により不安、緊張の表出は防げ、自信につながる。

話し方教室の要点「成功するプレゼンテーションのポイント」

1.成功するプレゼンテーションは、話し手が不安、緊張など否定的な印象を与えない。緊張や不安を態度に出さないことが大事。

2.自信をもって話すには、「明確な目的」に基づいた「話の構成」に従ってプレゼンを展開すること。

3.事前の、聞き手への理解は大事。それにより話の構成・展開を考えたり、質問を想定できる。

成功するプレゼンテーションには、やはりコツというものがある。プレゼンを成功させ、ビジネスでの成功を実現したい方なら、プレゼンの名門・日本コミュニケーション学院東京の専門講座でしっかり学ばれるのがよいだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/プレゼン,プレゼンテーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会