会話・雑談の話し方教室「会話のコミュニケーションスキルを高める!」(話し方ニュース東京)

相手に注意を払いながら会話をする

米国を本拠地とする「フォーブズ」は6月5日、コミュニケーションにおいてマインドフルネスを実践する場合の重点をまとめた記事を掲載した。

コミュニケーションスキルを向上させることは、豊かな人間関係を育むことにおいて欠かせない。もしもあなたのコミュニケーション力が不足しているなら、会話をもっと注意深く行うことが必要だ。そのために必要なマインドフルネスは、毎日実践することで開発できる。

まず、会話の相手に対してもっと注意を向けよう。例えば内容的に相手を叱責するべきだと思って会話に臨んでも、相手に注意を払いながら会話をすれば、きっと言葉を慎重に選ぶだろう。自分の意図を明確に意識し、それが実現できているかどうかを敏感に察知できるだろう。

聞くときに意識的に沈黙、あるがままを受け止める会話を

次に相手の言葉を聞くときに意識的な沈黙を守ることだ。人は他人の言葉を聞きながら、実は自分勝手な解釈をしていたり自分が次に言いたいことを考えていたりすることが多い。

マインドフルな沈黙とは、興味を持って相手の言葉を聞き、個人的な価値判断を下さないことだ。話し手を失望させないように、誠意を持って耳を傾けよう。

最後に大事なことは、何か言おうと返答を急がずに、自分の心に忠実な言葉を探すことだ。マインドフルネスとは、自分に対しても価値判断をせず、あるがままを受け止めることだ。

私たちが少し時間をかけて自己を受け入れることができるようになれば、相手に対しての尊敬の念や共感も増してくる。きっと協力的な会話ができ、効果的な情報収集が行え、良い決定を下すことができるだろう。

話し方教室の要点「効果的な会話・雑談のポイント」

1.マインドフルネスとは、価値判断をせずに、あるがままを受け止めること。

2.相手が話しているときは意識的な沈黙を守る。マインドフルな沈黙は、興味を持って相手の言葉を聞き、個人的な価値判断を下さないこと。話し手を失望させないように、誠意を持って耳を傾ける。

3.自分が何か話すときは、話を急がずに、自分の心に忠実な言葉を探すことが大事。

会話が下手な人達は、他人の話を聞きながら、実は自分勝手な解釈をしていたり、自分が次に言いたいことを考えていたりすることが多い。だから、会話が噛み合わないことがよくある。

つまり、彼らは精神に余裕がないのである。これは、スキルが拙いのが最大の要因と言ってよい。当然会話にもスキルがある。会話が続かない人や、相手を不快にさせる人は、話し方教室の名門校・日本コミュニケーション学院で学ばれるのがよいだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話,雑談力/話し方教室ニュース・スタッフ委員会