話し方教室「プレゼンテーションのスキルを磨くためにやるべきこととは?」

プレゼンでは、情報と感情を伝える

プレゼンテーションをすることについて、死ぬときよりも怖いと感じる人がいる。

自信を持ち、人に大きく影響を与えるプレゼンテーションをするには、シンプルな方法を実践するだけで良いとして、スコット・H・ヤング氏が「ライフハック」の25日の記事で紹介している。

プレゼンテーションは聞き手を楽しませることに加え、多くの情報を伝えなければならない。

面白おかしく踊る必要はないが、情熱や感情が伝わらなくては、興味を示してもらえないため、感情もしっかりと含めることが重要だ。また、話し過ぎることは、逆に物事が相手に対して伝わらない、可能な限り15ワードに文章にまとめることを心がけると良いだろう。

20秒ルールを守り、「間」を置いて話す

文章を短くするほかにも、20秒話したら相手も20秒話させるという、「20秒ルール」をしっかり守り、聞き手に退屈させないことも大切。

あらかじめ練習用に書いておいたメモを読むのではなく、ストーリーを語るように自身の自然な言葉で話すことで、感情に訴えかけることが可能だ。

また、緊張し過ぎると、話すスピードが速くなってしまうため、ゆっくりと話すと良い。それに加え、「間」をおくことで、話した内容を強調することにもつながる。

話し方教室の視点「プレゼンテーションのシンプルなコツ」

1.プレゼンでは、感情もしっかりと含めることが重要だ。また、話し過ぎは、相手に伝わらない、可能な限り15ワードに文章にまとめることを心がける。

2.ストーリーを語るように自身の自然な言葉で、ストーリーを語るように話すこと。また、ゆっくりと話すために「間」をおくことが大事。

ビジネスプレゼンのコツは多々ある。しかしザックリ言えば、情報を伝えることと、感情を伝えることの2つになる。情報を伝えるには、体系だった情報処理が重要であり、感情を伝えるには非言語表現が鍵になる。

世の中には、古今東西、プレゼン下手が多い。またプレゼン恐怖症の人達が多いものだ。これを解決する方法は、もちろんある。それは、「訓練」である。

ついでながら、訓練にはスクール選びがポイントになる。幸い東京にはプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院がある。ご利用になるのが良いだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/プレゼン,プレゼンテーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会