話し方教室東京 コラム-組織は災害に備えてコミュニケーション計画とトレーニングを!

緊急事態を想定して、コミュニケーション計画を

今回のコロナウイルスや、予告無しに発生する自然災害に対し組織は、従業員や顧客の安全のためにコミュニケーション計画を構築しておかなければならない。

アカウンティングウェブでは、正しく行われることで、スタッフのケアと同時に企業の将来を保護することができるとしている。

コミュニケーションチームの計画とトレーニング

災害により組織が機能できなくなったとき、従業員や顧客とどのくらいつながりを持つべきか、また持つべきではないのか、どのように接するべきか事前に計画しておくことは大切だ。

なぜなら、緊急事態は通常とは異なり、個人のプライベートも重要になってくる。従業員に家族か組織のどちらを選ばせるのは公平ではないからだ。

そのために、災害が起きたときに行動できる対策チームを形成し、従業員への連絡、メディアや広報を活用した情報発信などを計画・トレーニングすることが必要だ。災害に備える計画を行わないと、実際に直面したときに大きなストレスとなってしまう。

企業は、従業員と顧客の安全を最優先するメッセージの発信を

これは単なる対策ではなく、ビジネス運営の一環として行われるべきであり、組織の存続にも関わるとしている。従業員と顧客の安全が最優先と伝えるメッセージだけでも良いという。

過度な警戒をする必要はないが、四半期に一度、10分程度で良いので簡単に話し合っておくと良いとアドバイスしている。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブコーチング・プログラム

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院 東京/マネジメントコミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会 提供