話し方教室東京 コラム-お粗末なビジネスプレゼンテーションを卒業せよ!

失敗するプレゼンテーションと成功するプレゼンテーションの違い

「フォーブス」では、ビジネスプレゼンテーションが失敗する要因を挙げたうえで、改善策を提示している。

ご承知の通り、ビジネスとプレゼンテーションは切っても切り離せない関係である。ビジネスにおいてプレゼンテーションを行う機会および聞く機会は多いものの、「時間の無駄だった」「退屈だった」「興味のない内容だった」など「お粗末なプレゼンテーション」も少なくない。

例えば、事前準備が不十分なプレゼンテーション、情報量が多過ぎるプレゼンテーションは、聞き手の興味・関心を集められず、理解・共感を得られず、失敗に終わるケースが多い。

一方、効率的かつ説得力のあるプレゼンテーションとは、話し手が伝えたいメッセージが明確である。徹底的な事前準備のもと、必要な情報のみを明瞭簡潔に示すため、話し手のメッセージは正確かつ的確に伝わる。

プレゼンの目的を明確にし、明瞭簡潔な内容にして伝える

プレゼンテーションを成功させるには、まず、事前準備の段階からプレゼンテーションの目的を明確にしておく必要がある。
プレゼンテーションは、話し手自身のために行うものではない。聞き手のために行うものである。つまり、プレゼンテーションの目的は、聞き手に対する説明と説得が根底にある。聞き手の理解や共感を得て、具体的な行動につなげることが最大の目的といえる。

そして、シンプルで明瞭簡潔な内容を意識する。本質とは関わりのない情報を多く盛り込み過ぎたり、情報を詰め込み過ぎたりしない。聞き手が話し手のメッセージを正しく理解できるように伝えることだ。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会