話し方教室東京 コラム-管理職は、話し方・聞き方のスキルを改善せよ!

自信を持って話し、従業員の話を遮らないでしっかりと聞く

マネージャーとして従業員とポジティブな関係を築くには、コミュニケーションが重要になってくる。新任であったり経験豊富なマネージャーであったりしても、コミュニケーションスキルを高めるには共通のポイントがある。では、どのようにしたら良いのかストゥレイタス ドット エイチアールが記事で紹介している。

コミュニケーションを取るには、自信を持って話し、従業員の話も遮ることなくしっかりと聞くことが大切だ。マネージャーであるあなたも、従業員も感情や個人の生活を持つ人間であるため、威圧するのではなく、共感するように心がけると良いだろう。

フォーマルかカジュアルかを考えて、言葉を選んで話す

コミュニケーションを取る際にはフォーマルなのか、カジュアルなのか、常に言葉を選んで話す必要がある。一度相手に与えた印象は簡単には覆せないため、後悔しないように話し方に注意を払うと良い。

また、誰もが不快を感じるような言葉は、相手からの信用度を失う可能性があるため、仕事で使うことを避けるべきだ。そして、話に「間(沈黙)」を挿み感情を抑えて、落ち着いて話すことも忘れてはならない。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会