話し方教室東京 コラム-企業成長にコーチングが欠かせなくなった!

強いコーチング文化をもつ企業は、より大きな収益・成長を経験する

「フォーブス」では、企業・組織の成長、人材育成・能力開発においてコーチングは効果的なアプローチであり、企業・組織変革にコーチングを活用する重要性を説いている。

変化が激しい現代において、組織は、常に新しいビジネス条件に適応していくことが求められる。国際コーチング連盟が実施した調査によると、強いコーチング文化をもつ企業は、より大きな収益成長を経験するという。

コーチングは、明確な企業戦略を体系的に実行するうえで基盤となる。それゆえ、コーチングを強固な組織開発ソリューションとして考える場合、クリティカルシフト(重大な移行)が求められる。

過去のやり方や成功事例にとらわれず、従来のビジネスモデルを越えて、全社的にコーチングマインドを植え付けていくことが必要だ。

コーチングでは目標と達成度を「見える化」する

最良の慣行(ある結果を得るのに最も効率の良い手法)は、不快なものである。会社規模で企業文化を変革することは、簡単なことではない。

コーチングでは明確なミッションを設定して、視覚化する必要がある。視覚化することで、ゴールや目標に向けて人間の可能性は広がっていく。イノベーションが刺激され、結果、成功につながるという。

あわせて、ゴールや目標の成功基準を定義すると良い。例えば、達成度を数値で表現するなど、結果を視覚化できると評価しやすく、当事者達も現状を理解できる。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブ・コーチング

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コーチングコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会