話し方教室東京 コラム-交渉で犯しやすい間違いと、交渉に強くなるヒント!

交渉で犯しやすい3つの間違い

ロンドン大学シティ校では、交渉の専門家に行ったインタビューを掲載。交渉のヒントについてアドバイスしている。

交渉の専門家、ナタリー・レイノルズ氏の著書の中に、交渉で犯しやすい3つの間違いが指摘されている。1つは「回避する」、1つは「提供する」、そしてもう1つは「攻撃する」ことだ。

「回避する」人は、結果ばかりを考えリスクを避けようとする。「提供する」人は、譲歩ばかりで手に入れることはできない。

そして「攻撃する」人は、勝つことに縛られて相手の利益を考えない、または相手のプライドを傷つけ、今後のやり取りに影響を与える。

これら3つは、基本的な部分で話し合いができず、交渉が成立していないことになる。

交渉に強くなる3つのヒント

交渉を行うヒントとして、まずは交渉相手の情報収集と調査を行うこと。相手が誰であるかを知ることで、要求に対する解決要素を掴むことができる。

そして複数の提案を計画し、相手に与える、受けることのバランスを見つけること。野心的なオファーから始めて、少しずつ譲歩するプロセスも有効だ。

提案に対し、相手がすぐに「はい」と言えばそれは相手に多くを与えすぎている。「いいえ」という回答は良いことであり、自分にも有利になる交渉ができるチャンスだ。

そして最高のスキルは、忍耐と回復力だと述べている。

■ 記事関連・話し方講座/営業,セースル専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会