話し方講座コラム-人前で話すスピーチ・プレゼン恐怖を克服するには?

プレゼンテーションでは情熱を注いでいるものを、内容を理解した上で話す

ほとんどの人が人前で話すことに恐怖や不安を感じ、胃が痛くなったり、手に汗をかいたりする。では、いかにして人前で話すことへの恐怖などを和らげるのか、実証されている方法をプレゼンターション・エキスパートが、記事で紹介している。

まずは、個人的若しくは、職業的に影響を受けた話や、あなた自身が情熱を注いでいるものについての話をすると良い。あなたの専門分野になるため、より自信を持って快適に話すことができるだろう。

メモを一字一句間違えずに読むことを心がけるのではなく、内容をしっかりと理解した上で、人前で練習を重ねることが大切。その上でフィードバックを求め、可能な限り内容や話し方などの改善に努めるべきだ。

スピーチ・プレゼンのトピックを熟知することで、あがり症や不安を緩和できる

良い話をする必要があると思っているために、緊張してしまうと言える。その緊張を興奮に変えることで、脳内にホルモンアドレナリンが生成され、よりすらすらと、熱意を込めて早く話せるようになる。

また、語彙を重要視しすぎるのではなく、どうしたら相手に伝わりやすくなるのかを考え、あなたが話そうとしているトピックを、「熟知」することに努めるべきだ。そうすることでも、恐怖や不安が和らぎ、よりスムーズに話すことが可能になる。

■ 記事関連・話し方講座/スピーチ初心者コース(あがり症専門・話し方教室)

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院/プレゼン,プレゼンテーション/話し方コラム・スタッフ委員会