話し方教室コラム-人前で話すことが苦手な人が、印象に残るプレゼンテーションをする方法

プレゼン前に、アスリートのようにストレッチとイメージトレーニングを

人前で話すことが苦手な人でも、しっかりと印象に強く残るプレゼンテーションができる。その方法をトム・マッカーシー氏が、ピーアール・デイリーの記事で紹介している。

まず、プレゼンテーションの前には、アスリートのように心身が温まるストレッチやヨガをして、準備しておくと良い。そうすることで、緊張が和らぎ、よりプレゼンテーションの内容などに集中できるようになる。

また、プレゼンテーションで成功した自分をイメージしておくと、不安や疑念がなくなり、気分が明るくなるだろう。

プレゼンには個人的な話も盛り込み、自身を鼓舞する動作を

あなたのアイデンティティに自信を持って、プレゼンテーションの内容に含めることで、オーディエンスの興味を引く効果がある。

また、タイガー・ウッズが拳を振って「イェス!」と言ったり、トニー・ロビンスが自身の胸をたたいたりするように、鼓舞するような動きを本番前にすることで、最高のパフォーマンスが得られるときもある。自身に合う「パワームーブ」を見つけておくのも、印象に強く残るプレゼンテーションをするための1つの方法だ。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション能力開発コーチング

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院/プレゼン,プレゼンテーション/話し方コラム・スタッフ委員会