話し方教室コラム-職場でのチーム・コミュニケーションを改善する!

フィードバックは双方向で、チームビルディング研修も効果的

チーム・メンバーと定期的にコミュニケーションをすることで、その時点での目標が何であり、どのように達成していくのか、全員で意見交換などができる。同僚と良い関係を構築し、維持するには、効果的なコミュニケーションが重要だ。ではいかにして、職場でのチーム・コミュニケーションの在り方を改善するのか、その方法を、インディードが昨年末の記事で紹介していた。

まずは、一方的なフィードバックではなく、双方で行う環境を作ると良い。互いに改善する部分を把握することができ、更に成功に向けて歩みを進めていくことが可能だ。相手が目標を達成したら称賛することも忘れてはならない。

また、チームとしての結束力・士気を高めるため、チーム・ビルディング研修を導入するのも効果的だ。明確なコミュニケーションを促し、目標を達成するために必要な動きなどを学ぶこともできる。

ボディーランゲージと声のトーンに注意する

言葉と同じくらい大切になってくるのが、ボディーランゲージだ。あなたの伝えたいメッセージとボディーランゲージが合っているのか、常に気をつけておくことで、より明確なコミュニケーションが可能となる。

また、声のトーンにも気をつけて話したい。チーム・メンバーと話す場合は、しっかり伝わり、理解できるように、よりフレンドリーな声を使って、はっきりと話すべきだ。

コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院東京/チームコミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会