話し方教室東京 コラム-プレゼンテーションの「終わり」を印象的にするコツ!

プレゼンの終わり方の基本は、冒頭メッセージに戻って締めくくる

プレゼンテーションをうまく締めくくることができれば、オーディエンス(聴衆)により大きな印象を残すことができる。ではどのようにしたらプレゼンテーションの終わり方を魅力的なものにできるのか、その幾つかの方法を「マスタークラス」が記事で紹介している。

プレゼンテーションの冒頭で話した内容に戻って締めくくることで、重要なことであるとアピールでき、オーディエンスに考えを明確に伝えることが可能だ。

プレゼンテーションの終わり方、その他の方法

また、最後に自由回答形式の質問を投げかけることで、興味を引くことができれば、プレゼンテーションが終わったあとでも、オーディエンスに考えるきっかけを与えることができるだろう。

さらにプレゼンテーションを、ケーススタディやプレゼンター自身の経験を話して結べば、オーディエンスの感情的な部分に訴えることも可能だ。

おまけに、次のプレゼンテーションの日時や、連絡先情報などを提示することで、オーディエンスとのやり取りが途切れることなく繋がっておくこともできるようになる。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会