話し方教室東京 コラム-うまいプレゼンテーションのコツ!

プレゼンテーションの目的を明確にし、聞き手に合わせた話の内容・構成を

英国のサセックス大学が、プレゼンテーションでうまく話すため、どのような準備をしたら良いのか、その方法を紹介している。

プレゼンテーションをする際には目的を明確にし、聞き手にどのようなアクションをしてもらいたいか考えると良い。聞き手がどのような人であるのかも把握しておくことで、話の内容や、構成を組み立てるのがスムーズになる。

また、実例を挙げて具体的な言葉で物事を伝えることも大切だ。トピックに関する統計などを示し、自分の主張を裏付けるために反対の意見などもしっかりと考慮したことを示すことができると良いだろう。

プレゼンでは聞き手が理解できるように伝え、印象に残るフレーズを活用

プレゼンテーションの始めと終わりには、聞き手の印象に残るフレーズを言うことで、注目を集めることができる。話が長過ぎると自分で気づいた際には、気分転換などを兼ねて質問の時間を挿むと良い。
聞き手が得た情報をしっかりと理解して消化できるように、完全に説明できるように話の構成を整理しておく必要もある。

また、人前でプレゼンテーションの練習を行うことで、話の時間を把握できるほか、原稿への依存度を下げることが可能だ。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会