話し方教室東京 コラム-聞き手を引き付け、分かりやすく、記憶に残るプレゼンテーションを!

人前で話すことに不安や恐怖を感じる人は77%も

ある調査では、プレゼンテーションを含めて人前で話すことに不安や恐怖を感じる人は77%もいるという。それらを軽減するためには練習を繰り返すなどの対処が必要になる。

では、それらを軽減してあなたのアイデアを効率的に共有するためのプレゼンテーション術にはどのようなものがあるのか、その方法を「アップスモー」が記事で紹介している。

ストーリーテリングで聞き手を引き付け、話の見える化で効果的プレゼンを

誰でも物語を聞くことは好きだ。そのため、トピックに関連する実際に起きた話ができれば、聞き手の興味を引くことが可能だ。

また、あなたの話をより強調したり、視覚化したりするために、チャートや動画など視覚的に補助となるものを使用することも、効果的にプレゼンテーションを進める工夫だと言える。

長いプレゼンテーションでは双方向コミュニケーションを図り、最後に要約

人間の集中力は短いため、5分を超えるプレゼンテーションをする場合は、双方向のコミュニケーションを意識して、聞き手と交流できるようにすると良い。これによって聞き手はよりトピックについての理解を深められることもある。

また、人間は1度聞いたことは、50%しか覚えていないとも言われているため、重要なポイントは要約して再度伝えると、聞き手の記憶に残ると言えるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会