話し方教室東京 コラム-人前で話すことが上手くなるシンプルなコツ!

人前で話すには、何度も練習を繰り返して自信をつける

人前で話す際に感じる恐怖や不安というのは、医学的にも認められている。それらを克服することは人前で話すスキルの向上につながる。ではどのようにして人前で話すスキルを改善するのか、そのシンプルかつ効果的な方法をアマンダ・タルタロッティ氏が、「シンクラーン シックスシグマ」の記事で紹介している。

人前で話すにはまず何度も練習を繰り返して、自信を持つことが大切だ。トピックについての知識を増やし、権威性を高めることで、より多くの聞き手を引き付けることが可能になる。聞き手の集中力を損なわないために、情報やデータを話の内容に加えることも求められる。

また、人前で話すからといって自分を大きく見せたり、他人を真似たりせず、自然体で臨むことでよりつながりを深めることができる。

実話・物語を語り聞き手に内容を覚えてもらい、感情的つながりを深める

人はデータなどの統計などよりも、印象に残る物語などを覚えている傾向にある。そのためトピックに関連のある実話などを話すことで、話の内容を覚えてもらえるほか、感情的な部分でのつながりを深めることができるだろう。

また、聞き手がどのような人であるのかを把握することで、専門用語の使用や内容に変化がつけられ、より効果的に話が進められると言える。

■ 記事関連・話し方講座/ワンランク上の話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会