話し方教室東京 コラム-プレゼンテーションにおける質問にうまく対応するコツ!

プレゼンテーションの始めに、質問を受け付けるタイミングを示す

プレゼンテーションにおいて質問に答えることは、特にビジネスにおいて商品やアイデアを売り込む際にとても重要になってくる。そのプレゼンにおける質問にうまく対応するにはどうしたら良いのか、ザヒド・カーン氏が「ペイド フォー アーティクルズ」の記事で紹介している。

まず、プレゼンテーションを作成する際に、質問を予測して、その回答を含む内容になるようにすることで質問されずに済む場合もある。

また、聞き手から質問を受け付ける時間やタイミングを、プレゼンテーションの最初に示すと良い。話の途中で質問が相次ぐことで、予定していた内容が全て話せなくなってしまうからだ。

回答できない質問には、後でどのように対応するかを明確に伝える

仮に質問されたことに回答できない場合は、後にどのような方法で対応・回答するのかをしっかりと伝えることが大切だ。

そして質問してくれたことに対して、しっかりと感謝の気持ちを伝えることで、親切な対応をしてくれると聞き手に思わせられるほか、自身が回答する内容を考える時間にもつながるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会