話し方教室東京 コラム-スピーチを上達させるために、まずは優れた聞き手になれ!

人々が聞きたいと思う話し方をするには

コミュニケーションは「話すこと」と「聞くこと」であり、2つは密接に関係している。「ザ グレート コース デイリー」では、優れたスピーチを行うのであれば、先に優れた聞き手になる必要があるという講演者の意見を掲載している。

ジュリアン・トレジャー氏は国際的に活躍している講演者であり、彼のトーク動画はビルゲイツやイーロンマスクを超える視聴率を誇る。氏のビデオシリーズ「人々が聞きたいと思う話し方」では、アクティブリスニングについて語られている。

他人の話を傾聴、相手が同意できる伝え方を磨けばスピーチは上達する

地球上の人口は増加しており、人々との接触はこれまで以上に増えていく。人々が争いを起こさずに助け合って暮らすためには、正しいコミュニケーションを学ぶ必要がある。

そのスキルを向上させるには、意識的に聞くことから始めることが望ましい。つまりリスニングスキルだ。

傾聴することにより、様々な意見をしっかりと受け止めること。まずはそれが重要である。あわせて、相手が「同意できる」伝え方を模索していくことで、スピーチのスキルも上達していくわけだ。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会