話し方教室東京 コラム-人前で話すスピーチスキルの高め方!

人前で話すには、聞き手のことを知る必要がある

人前で話すことは多くの人が恐怖を感じ、自信を持って話せなくなってしまう。では人前で話すスピーチのスキルを高め、恐怖をなくして自信を持って話せるようになるにはどうしたら良いのか、オスカー・スベーンロブ氏がメンチメーターの記事で紹介している。

人前で話す際には、聞き手のことを知る必要がある。どのような専門用語を使っており、何を知っていて、何を知りたいのかなどを把握するべきだ。

そして話の早い段階で聞き手の興味を引くために、自由回答形式の質問をし、ディスカッションができるような内容にすると良い。始めから聞き手を引き付けることができれば、最後まで話を楽に進められるだろう。

スピーチの映像や音声を記録し改善、聞き手にフィードバックを求める

人前で話した様子の映像や音声を記録しておき、客観的に自身の話し方や内容を確認することで、次回の改善点などにつなげられる。

また、何かのイベントを主催すれば人前で話す練習の機会が得られる。常に建設的なものが得られるとは限らないが、その場にいた人にフィードバックを求めることで、友人や同僚などさまざまな視点から、意見や感想などが聞け参考になるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会