話し方教室東京 コラム-最高のプレゼンテーションにする秘訣!

プレゼンのスライドはそのまま読み上げるより、重要なポイントのみ説明する

プレゼンテーションを行う際にはあなたが常にその中心でありステージの中央にいる、その必要はない。あなたが注目されるためには、スライドに力を入れるのではなく、話の内容に注力するべきだ。

そこで最高のプレゼンテーションを行うにはどうしたら良いのか、その方法を「スキル アーサム」が記事で述べているのでご紹介しよう。

プレゼンテーションではスライドを使用する機会があるが、表示された文字をそのまま読むのではなく、重要なポイントのみを説明すると良い。スライドの順番を把握しておくことも忘れてはならない。

話す内容に囚われすぎるあまり、プロジェクターやマイクの準備を忘れることがないようにすることも大切だ。

聴衆をプレゼンテーションに引き付ける工夫を

プレゼンテーションで重要なことは聞き手をそのプレゼンに集中させる工夫であり、質問を投げかけたり、クイズ形式にしたりすることがその方法の1つだと言える。

プレゼンテーションの最後に意識的に同じ質問をして、オーディエンスの心の変化を確認することも可能だ。

また、誰でも話の内容が理解できるように、専門用語や外国語の使用は避け、声のトーンに抑揚をつけると良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会