あがり症克服の話し方教室(東京)|プレゼンテーションにおける緊張、あがり症、不安を克服する!

プレゼン準備段階で部屋や場所を確認してイメージトレーニングを

プレゼンテーションをするときに、緊張したり不安を感じたりすることはおかしなことではない。

しかし、中には人の前に立っていることを考えるだけで、パニックになる人がいる。では、いかにしてそういった不安などを和らげていくのか、その方法をマーリン氏がrtor.orgの8月8日の記事で紹介している。

まずは、プレゼンテーションを行う部屋やセミナールームなどを確認して、多くの人で埋まった場合のことを想像しておくと良い。そうすることで、気持ちの準備ができるだろう。

プレゼンテーションの内容を深く理解し練習を

また、あなたの取り上げるトピックについて、しっかりと知識を深め、その上でプレゼンテーションの練習を重ねることで、より自信を高められる。

あわせて、あなた自身のプレゼンテーションの成功をイメージすることが大事だ。そうすることで、不安やストレスを和らげることが可能になる。

プレゼン本番直前では、深呼吸をして気を静める

プレゼンテーションをする前は、多くのオーディエンスのことを考えすぎず、深呼吸をして、ほかの落ち着ける何かを考えるべきだ。

ちなみに、カフェインは心拍数を高め、汗をたくさんかくことにつながり、アルコールはろれつがまわらなくなり、言葉を忘れてしまうことにつながる。そのため、不安や緊張を取り除くために、この2つを摂取することは良いアイデアとはいえない。

■ 記事関連・話し方講座/
あがり症専門・話し方教室(初心者スピーチコース)
重度あがり症・声の震え・吃音・どもり・赤面 矯正専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/あがり症克服の名門・話し方教室 日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会