話し方講座コラム-政治家のジョークはどこまで外交メッセージとして有効か?

政治家のジョークについて

ザ・カンバセーションは、政治家のジョークについて掲載している。何世紀にもわたって行われてきた外交手段であるが、使い方次第で良くも悪くもなると言う。

ロンドンで開催されたNATOサミット。カナダのジャスティン・トルドー首相がほかの首脳たちとの雑談で、トランプ大統領を皮肉った光景が、画像・音声ともにとらえられた。トランプ大統領から後に「裏表のある男だ」と批判されている。

問題の場にはボリス・ジョンション英首相も参加しており、彼は「よく覚えていない」と語っているが、彼が英国外務長官であった頃は、きついジョークを言っていたことで知られている。

当事者であるトランプ大統領も、ジョークや皮肉という手法を好んで使っている。ジョークは、外交メッセージを伝える上で効果的で、特に意図的ではないときユーモアに変わる。

彼は自身の功績を皮肉として話し、周囲がやり返すのではなく驚いていたので、「その反応は想定外だった」と笑ったために場が和んだというエピソードがある。

ユーモアか、無礼か、相手の文化によってとらえ方は異なる

一方で皮肉がユーモアとしてとらえられるか否か、難しい場合もある。それは文化が異なる場合だ。1940年に英国で米大使がインタビューを受け、女王の頭脳を賞賛したが、「民主主義は終わった」と皮肉を加えたことで辞任に追い込まれた。

同じ言語を話す場合でも、礼儀の尺度が変わることを理解する必要がある。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方コラム・スタッフ委員会