あがり症克服の話し方教室(東京)-緊張を気にせず、素晴らしいスピーチをするコツ!

スピーチ本番前に練習を重ねることで、緊張を取り除き自信を高める

すばらしいスピーチをすることは、仕事などでは欠かせないスキルとなる。ではいかにしてオーディエンスに影響を与えられるスピーチを実現するのか、その方法をジェイセブンズがオペラニュースの記事で紹介している。

余計な緊張があってはスピーチをスムーズに行うことが難しくなる。そのためスピーチ本番前に緊張を取り除くためにも練習を重ねることが大切だ。練習をすることで自信を高めることにもつながる。

スピーチ本番では声のトーンとボディーランゲージに注意し、要点を絞って話す

単調な話し方をしていては、オーディエンスが退屈してしまうため、声のトーンを変えて引きつける工夫をすると良い。メモを見すぎず、オーディエンスとアイコンタクトを行いながら話すことも必要だ。

また、多くのことを話しすぎると、オーディエンスが情報処理できなくなり疲れてしまうほか、集中力の低下にもつながってしまう。そのため、より簡潔に要点だけを話すようにすることが求められる。

そして、あなたの話している内容と、ボディーランゲージが一致するように注意しなければならない。話している内容とボディーランゲージが一致していないと、オーディエンスに誤解を与える可能性があるからだ。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,あがり症克服の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会