話し方教室東京 コラム-ビデオメッセージで、効率的に伝える技術!

メッセージにストーリーを、要約・結論・まとめで分かりやすく

新型コロナウイルスの影響によって多くの人が自宅などで、各種ツールを活用してオンラインコミュニケーションをしているが、働く上でも新しいコミュニケーションのあり方が確立し始めている。

会社は従業員に安心感を与え安定した事業継続が求められるため、情報発信を続けることが大切だ。そのためにはビデオメッセージでの伝え方などが重要だとして、ピーエイチディー・マーケティングがその方法を記事で紹介している。

ビデオメッセージで従業員へ効率的にメッセージを届けるためには、ストーリーを構築することが求められる。要約・結論・まとめをしっかりと作り行動を促す内容にすると良い。「今日話す内容は〜」と始めることでどういった話なのかが明確に伝わり、従業員自らが考え、実行する必要があることを理解するようになるだろう。

質問や引用で関心を引き付け、行動を促すフレーズも

質問したり引用を用いたり、「知っていますか?」という言葉でビデオメッセージを始めることは、従業員の注目を引くことができ、コミュニケーションをうまく始める方法でもある。「〜で詳細を確認してください」などといったフレーズで終わらせれば、行動を促す大きなアプローチとなる。

また、ビデオ視聴に集中できる時間は限られているため、できるだけ短くするか、長くなる場合はスライドやグラフィックを含めて集中力が途切れない工夫をするべきだ。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会