話し方教室東京 コラム-効果的な話し方・聞き方のスキルで、ビジネスを効率的に!

アクティブリスニングと質問で理解を深める

職場の従業員は、基本的なコミュニケーションスキルを持っていると思い込んでいる傾向にある。しかし、プロフェッショナルな環境であっても効果的なコミュニケーションができない人もいる。効率的なコミュニケーションで不要なコストや誤解を減らすことができるとして、リン・グレンジング ポップホル氏がその方法を、エイチアール・デイリーアドバイザーの記事で紹介している。

コミュニケーションは一方的ではなく、双方向なものでなければならない。そのため「アクティブリスニング」を実践し、相手の言葉に細心の注意を払って明確な質問を返すと良い。理解を深めるために、相手の話した内容を言い換えて質問すると効果的だ。

明確な言葉とボディーランゲージで伝え、時折フィードバックを求める

メッセージを伝えるのは話している人の責任となるため、誤解をしないように明確な言葉とボディーランゲージを用いる必要がある。

ときには難しい内容になってしまうこともあるが、そういった場合には相手にフィードバックを求めて、より分かりやすく発信するように心がけるべきだ。

このようにコミュニケーションスキルは誰でも当たり前のように持っているスキルと考えがちだが、多くの職場では十分でない場合が多い。コミュニケーションのあり方を見直すことで、マネージャーは職場の全体的な効率だけでなく、雰囲気を大幅に改善することができる。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会