会話・雑談の話し方教室(東京)-家族経営で注意したい会話・コミュニケーション!

会話をしていなくても、周りにイライラや不満は伝わる

フランチャイジング・ドットコムでは、家族経営におけるコミュニケーションについてアドバイスを掲載している。経済的に打撃を受けている状況下では、相手への思いやりや誠実さがより大切になってくると言う。

家族でビジネスを営んでいる場合、スタッフは慣れ親しんだ親族であり、アルバイトなど従業員も一緒に働く身近な存在だ。

それだけに、危機的状況や社会情勢による影響を受けると、イライラや不安をそのまま体現してしまうケースがある。

私たちは、多くが非言語を手がかりとしたコミュニケーションを行っている。そのため、たとえ会話をしていなくても相手に不満を伝えており、そこに言葉が伴っていなければ、相手は聞き取ることができない立場に置かれる。

非難や指摘よりも、率直に話し合い、互いを尊重した会話を

困難な時期は、お互いのサポートを必要とするため、できるだけ感情を明確に、正直に伝えることも大切だ。相手は良く知っている家族であるため、声のトーンや表情で、言っていることと考えていることの違いを理解する。

相手を非難したり、相手のすることを指摘したりするのではなく、自身の考えを話し、お互いに必要なものの議論を行うこと。

また、同じ空間に長い間いるため、コミュニケーションが取れていると勘違いをしてしまう傾向にある。互いを尊重し、会話の時間を設けると良いとアドバイスしている。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/コミュニケーションスキル/話し方コラム・スタッフ委員会 提供